Windows 8 基本アプリ Reader の使い方

2013/08/12(月)
1.Windows 8のエクスプローラーでPDFファイルを選択して、開きます。 エクスプローラーでPDFファイルをみつけた 2.自動的に「Reader」が起動します。 「Reader」の初期起動は「連続ページ」で開く 初期設定では、「連続ページ」で開きます。ドキュメントの下の方が切れてしまっています。 3.アプリバーを開き「単一ページ」に切り替えます。 アプリバーの「単一ページ」を選択 4.「単一ページ 」に切り替えると、ドキュメントの下の方まで見えました。 単一ページに切り替えたドキュメント しかし、このドキュメントは、見開きページです。 5.アプリバーの「見開きページ」を選択して、切り替えます。 アプリバーの「見開きページ」 6.見開きページで開きました。 「見開きページ」で開いたドキュメント しかし、表紙があります。 7.アプリバーの「表紙」を選択します。 アプリバーの「表紙」 8.表紙だけのドキュメントが開きました。 ドキュメントの「表紙」だけが開いた見開きページ 9.任意の箇所をクリックやタップして、アプリバーを閉じます。 10.ページをめくるのは、マウスポインターを動かすと表示される「>」や「<」をクリックしたり、指でスクロールします。 左綴じでのページをめくり方 11.次のページが開きました。 見開きページで次頁が開いた 横書きのドキュメントですので、左綴じの場合は、こんな感じです。 Windows 8 Pro [ダウンロード版]¥ 8,900 円(税込) Windows 8 Pro [ダウンロード版] Windows 8 Pro (DSP版) ダウンロード版¥ 8,700 円(税込) Windows 8 Pro (DSP版)