Outlook 2013の個人用フォルダーをバックアップする方法

2013/08/12(月)
1.Outlook 2013を起動し、「ファイル」タブをクリックします。
Outlook 2013を起動し、「ファイル」タブをクリックします。
2.「開く/エクスポート」をクリックし、「インポート/エクスポート」をクリックします。
「開く/エクスポート」をクリックし、「インポート/エクスポート」をクリックします。
3.「インポート/エクスポート ウィザード」が表示されます。 「ファイルにエクスポート」をクリックし、「次へ」をクリックします。
「ファイルにエクスポート」をクリックし、「次へ」をクリックします。
4.「ファイルのエクスポート」が表示されます。 「Outlook データ ファイル(.pst)」をクリックし、「次へ」をクリックします。
「Outlook データ ファイル(.pst)」をクリックし、「次へ」をクリックします。
5.「Outlook データ ファイルのエクスポート」が表示されます。 「エクスポートするフォルダー」ボックスから個人用フォルダーをクリックし、「サブフォルダーを含む」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。 個人用フォルダーをクリックし、「サブフォルダーを含む」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。
6.「エクスポート ファイル名」ボックスの「参照」をクリックします。
「参照」をクリックします。
7.「Outlook データ ファイルを開く」が表示されます。 保存先とファイル名を指定して「OK」をクリックします。 ※ Outlookの初期設定では「backup」というファイル名で保存されます。 保存先とファイル名を指定して「OK」をクリックします。
8.「完了」をクリックします。
「完了」をクリックします。
9.パスワードの入力画面が表示されます。バックアップファイルにパスワードを設定する場合は入力し、不要な場合はそのまま「OK」をクリックします。
パスワードを設定する場合は入力し、不要な場合はそのまま「OK」をクリックします。
以上で操作完了です。