Photoshopの白黒

2013/07/27(土)
白黒は、イメージ>色調補正から選択する方法と、プリセットから作成する方法、パネルから選択して調整レイヤーを作成する方法がある。
Photoshopの使い方」では、元画像を劣化させない調整レイヤーで作成していく。
白黒の調整レイヤー選択
白黒を、調整レイヤーで作成する場合は、レイヤー画像を選択した状態で、赤で囲んだ部分をクリックする。
そうすると、選択している画像の上に調整レイヤーが作成される。
s白黒の調整レイヤー
白黒の調整レイヤーを作成すると、
白黒のパネル
白黒のパネルが表示される。
白黒とセピアの写真
白黒レイヤーを作成した時点で白黒になり、緑枠内の着色にチェックを入れるとセピアになる。
また、赤枠内の自動補正をクリックすると、自動で最適化した補正をしてくれる。
紫枠内の、初期設定プルダウンにマウスをのせると、様々なフィルター効果の候補から選ぶことができる。
フィルター効果は、白黒のプリセットパネルからも同様の変更が可能。
青枠内の指先アイコンは、画像内のクリックした位置のカラーを感覚的な操作で変更できる。
黄枠内のスライダーを動かしても、同様の効果になる。
これらの操作は、カラーの微調整をするときに使える。
元画像と、白黒の効果画像
左が元画像。
右が、自動補正をして、黄色系で着色した画像。
白黒となっているが、実際はカラーを付けることもできる。
まとめ
白黒は、白黒画像やセピアカラーが簡単に作成できる。
カラーをつけたり微調整することもできる。