Photoshopのレンズフィルター

2013/07/27(土)
レンズフィルターは、イメージ>色調補正から選択する方法と、プリセットから作成する方法、パネルから選択して調整レイヤーを作成する方法がある。
Photoshopの使い方」では、元画像を劣化させない調整レイヤーで作成していく。
レンズフィルターの選択
レンズフィルターを、調整レイヤーで作成する場合は、レイヤー画像を選択した状態で、赤で囲んだ部分をクリックする。
そうすると、選択している画像の上に調整レイヤーが作成される。
レンズフィルターの調整レイヤー
レンズフィルターの調整レイヤーを作成すると、
レンズフィルターのパネル
レンズフィルターのパネルが表示される。
フィルターにはプルダウンメニューが用意されている。
プルダウンには、フィルター暖色系・寒色系、オレンジ・セピア・マリンブルーなどがある。
フィルターをプルダウンから選択し、的容量を変更することによりフィルター効果を調整することができる。
輝度を保持にチェックを入れると、輝度が保持され、明るく透明に仕上がる。
輝度を保持のチェックを外すと、輝度に対してもフィルターがかかるので、フィルターが強くかかった印象に仕上がる。
また、カスタムを選択することにより、好きなカラーでフィルターをかけることができる。
カスタムでも、輝度を保持のチェックにより仕上がりの雰囲気をかなり変えることができる。
レンズフィルターの効果の違い
左が、元画像。
真中が、フィルター効果で的容量を70%に設定。
右が、カスタムで黒を選択し、適用量を100%にしたモノクロ画像。
まとめ
フィルターのプルダウンと適用量で簡単に調整できる。
レンズフィルターは、モノクロ画像を作成できる。