Photoshopのチャンネルミキサー

2013/07/27(土)
チャンネルミキサーは、イメージ>色調補正から選択する方法と、プリセットから作成する方法、パネルから選択して調整レイヤーを作成する方法がある。
Photoshopの使い方」では、元画像を劣化させない調整レイヤーで作成していく。
チャンネルミキサーの調整レイヤー
チャンネルミキサー整レイヤーで作成する場合は、レイヤー画像を選択した状態で、赤で囲んだ部分をクリックする。
そうすると、選択している画像の上に調整レイヤーが作成される。
チャンネルミキサーのレイヤー
チャンネルミキサーの調整レイヤーを作成すると、
チャンネルミキサーのパネル
チャンネルミキサーのパネルが表示される。
チャンネルミキサーの初期設定プルダウンを開くと、モノクロ赤外線(RGB)
ブルーフィルターをかけたモノクロ(RGB)
以下同様に、グリーン・オレンジ・レッド・イエローのフィルターが選択できる。
出力チャンネルは、レッド・グリーン・ブルーの3種類。
それぞれに、カラーの配分を変更できる。
チャンネルミキサーでは、これらの設定を調整することにより、様々なカラーバリエーションを表現することができる。
チャンネルミキサーの画像
左下が元画像、鮮やかな夕焼け。
他は、プリセットや、適当に調整した画像。
プリセットの選択と、簡単なスライドの調整だけで、いろいろな雰囲気に仕上げることができる。
まとめ
チャンネルミキサーは、簡単に操作できる。
モノクロ画像も作成できる。