Windows デスクトップの新機能

2013/07/01(月)
Windows デスクトップの新機能によって、複数のウィンドウの整理や管理がさらに簡単になります。開いている複数のウィンドウを簡単に切り替えることができるので、重要なプログラムやファイルに集中できます。それ以外の新機能も、デスクトップに個性を加えるのに役立ちます。

スナップ

スナップを使用すると、簡単なマウス操作でデスクトップ上のウィンドウの整列やサイズ変更ができます。スナップを使用して、ウィンドウをデスクトップの端に揃えたり、画面の高さいっぱいにまで縦に拡張したり、デスクトップ全体を完全に覆うように最大化したりできます。スナップは、2 つのドキュメントを比較したり、2 つのウィンドウ間でファイルのコピーや移動をする場合、または作業中のウィンドウを最大化したり、スクロールしなくても済むように長いドキュメントのウィンドウを拡張して読みやすくする場合などに特に便利です。
デスクトップの半分の大きさに変更されたウィンドウの画像
デスクトップの端にウィンドウをドラッグすると、画面の半分の大きさに拡張されます。 スナップを使用するには、開いているウィンドウのタイトル バーをデスクトップの片側にドラッグして揃えるか、デスクトップの上部にドラッグしてウィンドウを最大化します。スナップを使用してウィンドウを縦に拡張するには、ウィンドウの上端をデスクトップの上部にドラッグします。詳細については、ヘルプとサポート「スナップ」を検索してください。

シェイク

シェイクを使用すると、デスクトップ上で開いているすべてのウィンドウのうち、作業中のウィンドウ以外のウィンドウをすばやく最小化できます。開いたままにしておくウィンドウのタイトル バーをクリックし、揺らす (シェイクする) ようにドラッグするだけで、他の開いているウィンドウが最小化されます。
ウィンドウを最小化するシェイク効果の画像
ウィンドウをシェイクして他のすべてのウィンドウを最小化します。 最小化したウィンドウを元の状態に戻すには、もう一度、開いているウィンドウをシェイクします。

プレビュー

プレビュー機能を使用すると、すべてのウィンドウを最小化せずにデスクトップをすばやくプレビューできます。また、タスク バー上のボタンをポイントすることで、開いているウィンドウをプレビューできます。 デスクトップをプレビューする
[デスクトップの表示] ボタンが、[スタート] ボタンからタスク バーの反対側に移動しました。誤ってスタート メニューを開くことがなくなり、ボタンのクリックやポイントが簡単になりました。 [デスクトップの表示] ボタンをクリックするとデスクトップに移動しますが、[デスクトップの表示] ボタンをポイントするだけで、デスクトップを一時的に表示してプレビューできます。タスク バーの端にある [デスクトップの表示] ボタンをポイントすると、開いているすべてのウィンドウが非表示になり、デスクトップが表示されます。再びウィンドウを表示するには、マウスを [デスクトップの表示] ボタン以外の場所に移動します。
一時的に最小化されたデスクトップ ウィンドウの画像
プレビューを使用してデスクトップをすばやく表示します。 この機能は、デスクトップ ガジェットをすばやく表示する場合や、開いているすべてのウィンドウをいったん最小化して再び復元したくない場合に便利です。 デスクトップ上で開いているファイルをプレビューする
プレビューを使用すると、他のウィンドウをクリックして作業中のウィンドウから離れなくても開いている他のウィンドウの内容をすばやく確認できます。
開いている 1 つのウィンドウが強調表示されているデスクトップの画像
開いているウィンドウをタスク バーの縮小表示を使用してプレビューします。 開いているファイルのあるタスク バー上のプログラム ボタンをポイントします。すると、そのプログラムに関連付けられている、開いているすべてのファイルの縮小表示プレビューが、タスク バーの上に表示されます。縮小表示をポイントすると、そのウィンドウの内容をプレビューでき、デスクトップ上で開いている他のすべてのウィンドウを非表示にして、プレビュー中のウィンドウだけを表示できます。プレビュー中のウィンドウを開くには、縮小表示をクリックします。

ガジェット

Windows サイド バーは、このバージョンの Windows には付属していません。代わりに、デスクトップ上のどこにでもガジェットを表示できるようになりました。また、プレビュー機能を使用すると、作業中のウィンドウを最小化したり閉じたりせずにデスクトップ ガジェットを一時的に表示できます。
デスクトップ上のガジェットの画像